Integrated Healingのセッション

スイス・ジュネーブ市内にて、Integrated Healing の
対面セッション、遠方の方にはスカイプでの
遠隔セッションを行なっています。

所要時間は約2時間半〜3時間半
料金は対面150フラン、遠隔130フランです。
*日本円で日本の銀行口座への振込も可能です

ご興味のある方は、fk-hakusan☆hotmail.co.jpまで
お気軽にお問い合わせください。
(☆を@マークに変えてください)


2017年5月24日水曜日

つきもの


私が、前からすごくお世話になっているNYのキネシオロジスト、大好きなのりこさん(こちらがのりこさんのブログ)。
去年の10月に、そののりこさんのキネシオロジー講習会を東京で受けました。

のりこさんの講習会でもらったスキャンリストには、憑き物系も色々載ってます。霊とか、宇宙人とか、エンティティとか。その他、前世リストも充実しています。

、、、で、私はそういうものを信じているのかというと、別にそういうわけではないのですよね。というか、そういう存在を信じる、信じない、ということにあまり興味がない、って感じかな。ただ、人間の知覚能力には限りがあって、その能力でカバーできる範囲外にだって、そりゃ、いろんなものが存在しているでしょう、とは思っています。

そして、この憑き物系。セッションのたびに、ほぼ必ず毎回なんか情報として、上がってきます。いや、なんか、っていうより、かなり大量に毎回上がってくるのですが。。。

のりこさんの講習会を受けて以来、基本2日か3日に一度は自己セッションをやっていて、プラズ年末NYにのりこさんのセッションを受けに行ったこともあり、かなり憑き物系が取れてきたのだと思います。くっつくと、割とすぐにわかるようになりました。例えば、どこかに出かけて帰ってきたらどっと疲れた、と思ったら出先でくっつけてきちゃってた、とかね。

でも、憑き物といっても何もおどろどろしいものではなく(多分)、要はエネルギーであって、電波とか熱とか放射線とか、エネルギーって色々あるけど、そういう中の一つの種類に過ぎないのだと思います。そして、のりこさんも言っている通り、憑いちゃうのは、自分にひっつける要因があるから。しょっちゅうくっつくので、「えー?またぁ〜?!、もうめんどくさいなあ」と時には思いながらセッションをしたりするのですが、やると必ず、はっとするような気づきが出てくる。筋反射がなかったら、絶対こんな気づきは得られないよなー、と毎回感動するわけです。


そして何かが剥がれていく。何かが変わっていく。そのふわっと軽やかな安心感。
この心地よさがたまりません。


そんな風にしょっちゅう自己セッションをしていたのですが、4月のイースター休暇で、ベルギーの義理の両親のところに10日ほど行った時、全くやらなかったのです。戻ってきてからやったのですが、いつものような確かな手応えがなく、どうもいまいちピンとこない。そしてローマへ、次はオックスフォードへ、と続けて小旅行が入り、その合間にもその後にもセッションをしたのですが、なーんか、もやーんと、はっきりしない感じになってくる。抵抗も大きく、筋反射が怪しくなりまくり。とにかく、いかんせんやる気がないのですよ。で、毎回途中で挫折。
しかし、しまいには体調も落ちてきて、病気というわけではないのだけど、どーんと疲れた状態になってしまいました。そしてあまりのやる気のなさ。これからIHやっていくこと自体どうなのか、なんて自問してしまう。夜はインターネットでずるずるとドラマを見続けて、ナメクジのようになっていく私。。。。ここまで来て、ああ、これって憑き物溜まってるんだな、とわかりました。

ある時、えいっ!と勢いつけて、侵略エネルギー外しのセッションをしました。
そしたら出てくる出てくる。霊、宇宙系、前世、エンティティ、、、、山のように出て来ます。抵抗受けてなかなか進めなかったけど、4時間近くかかって終了。もう夜中だったけど、すごいスッキリ!セッション前まであった、もっさりと重たい感覚もなく、頭も清々しく冴えています。

次の日の朝も、実に爽やかな目覚め。あんなにあった疲れはどこにいったのか。
気持ち良い青空の下、トラムに乗って、ある場所に向かいました。
しかし、そこでの出来事をきっかけに、私はまたしてもひどい体調不良に陥ることに。。。でもそれが、深く内在していた恐れに気づき手放していくことに、私を向かわせたのです。

そのお話はまた今度☆



0 件のコメント:

コメントを投稿